情報共有の円滑化|業務用パソコンのwindowsが起動しない|日常業務の効率化

業務用パソコンのwindowsが起動しない|日常業務の効率化

情報共有の円滑化

企業内における情報共有というのは、業務を円滑に進めるためにも必要不可欠です。そういった情報共有を行なう業務のことをファイル共有業務と呼び、主にメールを用いて行なわれています。この業務は、ほぼ毎日行なわれている日常業務となっていますが、メールによるファイル共有には幾つかの問題点があるのです。その問題点の一つとして、メールの受信容量制限が挙げられます。企業で利用されているメールの多くは受信できるファイル容量に5MB前後の制限が掛けられており、その容量を超えるファイルは受信拒否されてしまうのです。つまり、大容量ファイルの共有を行ないたいと考える時には、5MBになるように細かく分割して複数のメールに添付して送信するか、物理メディアに保存して手渡し・郵送する必要があるということになります。ファイル共有サービスであれば、そういった手間・コストを掛ける必要はありません。

ファイル共有サービスというのは、1GB以上の大容量ファイルであっても簡単に共有することのできる優れたサービスです。このサービスであれば、一括して複数の相手に大容量ファイルを共有可能で、ファイル共有業務を大幅に効率化することができるでしょう。その仕組みというのは、共有したいファイルをインターネットの仮想領域に保存し、その仮想領域に繋がるURLを共有したい相手に送るといったものとなっています。そうすることによって、容量を気にせずにファイル共有を行なえるようになるのです。